不動産をできるだけ安く買うには

不動産をできるだけ安く買う方法の一つは、不動産会社に依頼せずに自分で探すことです。
なぜ自分で探した方がよいかといえば、仲介手数料を支払わなくてよいからです。
仲介手数料は、通常物件価格の4パーセント位です。
物件価格の4パーセントは少ないと思うかもしれませんが、3,000万円の物件であれば120万円位の支払いをしなければなりません。
このように考えると、かなりの出費であることがわかるでしょう。
不動産会社を仲介せずに購入する方法の1つは、直接売主を見つけることです。
ですが、売主を見つけるのはそれほど簡単なことではありません。
そこで、裏技が1つあります。
まず業者が紹介している物件の中で気に入った物件があれば、その物件の場所を見つけます。
場所が見つかれば、住所がわかるはずです。
この時業者に問い合わせをしてはいけません。
そうするとその業者から購入しなければならなくなるからです。
住所が分かれば、後は登記所に行ってその不動産の持ち主が誰になっているかを探します。
持ち主の住所が書いているはずですので、直接その人のもとに尋ねれば、業者を仲介せずに購入ができます。